上野千鶴子さん東京大学入学式祝辞

赤ちゃんの「今」を残す手形アートpetapeta-art やまざきさちえです。

 

 

すみません、今日はちょっと硬い話題ですし、長文です。

上野千鶴子さん。

実を言うと、私は昔から何となくこの方が少し苦手でした。

 

ただ、やっぱり気になる方ではあるので、東京大学入学式での祝辞が話題になっているというニュースにはすぐに反応してしまいました。

希望に満ち溢れて入学式に参加した学生の中には、もしかしたら何となく出鼻をくじかれた気分になった人もいたかもしれません。

 

それでも、とても意義のある祝辞でした。

賛否両論はあるかもしれませんが、心に響く言葉でした。

上野さんの話は男性と女性についての話でしたが、そのカテゴリーに留まらず、さまざまな尺度で捉えた時に想起される強者と弱者の関係性、全てに当てはめることの話だと感じました。

 

できれば全文を読んでいただきたいのですが、特に印象に残った部分を引用します。

 

 

あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと…たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。

 

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。女性学を生んだのはフェミニズムという女性運動ですが、フェミニズムはけっして女も男のようにふるまいたいとか、弱者が強者になりたいという思想ではありません。フェミニズムは弱者が弱者のままで尊重されることを求める思想です。

 

 

思うところはいろいろとあるのですが、私の拙い語彙では言葉にするとどうしても陳腐になってしまうので、全文を読んでいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。