インストラクターへの想い

今回のインストラクター養成講座ですが、こちらを開講するにあたり、実はかなり悩みました。

 

 

アドバイザーは「広く多くの方に手形アートを楽しんでもらうこと」を目的として開講された講座ですし、アドバイザーになった方に、この講座を受けて良かった、アドバイザーとして活動することで人生がより色鮮やかになった、と感じてほしくて開いている講座でもあります。

 

そのため、活動は必ずしもしなければいけないわけではありませんし、その活動も、お子さんとの生活を中心にしたゆったりしたものから、本格的な活動まで、みなさんのライフスタイルに応じた形を取ってくださればよいと思っています。

 

作品も個々のスタイルに応じて好きな作品を制作していただいて構いません。

 

(キャラクターものなど著作権侵害の恐れのあるモチーフの商用利用を除く)

 

 

 

ですが、インストラクターは、新規のアドバイザーを育成する存在であり、それはすなわち今後のpetapeta-art®の一部をお任せするということにつながり、petapeta-art®を牽引する存在になるということです。

 

petapeta-art®アドバイザーは手形アートを教える先生ではありますが、それだけではありません。

 

その根底にあるのはpetapeta-art®のコンセプトである「楽しいことばかりではない育児にちいさな彩りを」という想いです。

 

手形アート作品を作成することで育児の気分転換をはかると同時に、わが子への愛情を再確認してほしい、親子の愛着形成を促したい、という想いなのです。

 

 

 

これまでのアドバイザーになるための「手形アートのやり方講座」でもその点については、大きな時間を割いてお話していますし、講座の中で一番伝えたいことはその想いについてだったりもします。

 

ですので、petapeta-art®インストラクターとなっていただく方には、作品制作に一定のスキルを有し、またアドバイザーを育成できるだけの経験値などの講師としての素養も求められますが、petapeta-art®のコンセプトやその想いをきちんと引き継いてくださる方になってほしいのです。

 

 

 

以上の理由により、インストラクターには受講資格と審査を設けさせていただくことにいたしました。

 

講座では多少厳しいことを言うかもしれません。

 

インストラクターとなった後も、自分自身の活動にはもちろん、新たに育成することになるアドバイザーへの責任を持って活動していただくことになります。

 

ただ、その分弊社としてもインストラクターとなられる方には、たくさん活躍してほしいと願っていますので、しっかりとしたサポートを行います。

 

 

 

これらの内容にご納得いただいた上で、petapeta-art®インストラクターを目指したい、と思っていただける方がいらっしゃいましたら、本コースにぜひご応募いただければ幸いです。

 

 

 

ご自身がこれまで以上に活躍されることはもちろん、一緒に未来のpetapeta-art®を担い、大きく成長させたいと思ってくれている、そんな方のご応募をお待ちしています。

 

よろしくお願いいたします。

image