手形でくじゃくのモチーフをつくろう。

こんにちは。

 
赤ちゃんの「今」を残す手形アートpetapeta-art®︎やまざきさちえです。
 
 
 
モチーフの紹介とつくり方シリーズ2です。
{17D88491-B4DD-480B-855F-140D5DD9D28D:01}
今回はくじゃく。
 
新作です。
 
作り方を簡単に説明します。
 
 
① 
手形を押す。
後から手形を横向きにして、親指部分をくじゃくの頭に見立てます。
なので、親指部分と人差し指の間を大きく開いて手形を取ると良いと思います。
 
 
用紙を横向きにして、くじゃくの顔と足を黒ペンで、くちばしを黄色かオレンジのペンで書く。
目の白い部分はあってもなくても可。
 
 
マスキングテープで、くじゃくの羽とトサカをつくる。
トサカは難易度が高いので、マスキングテープを切るのが苦手な方は、ペンで書いてもオッケーです◯
②と③は順不同なので、逆でも大丈夫。
やりやすい方でどうぞ。
 
(この記事は2016年1月15日のアメブロの記事を移行したものです)