足型でひよこモチーフをつくろう。

こんにちは。

 
赤ちゃんの「今」を残す手形アートpetapeta-art®︎やまざきさちえです。
 
 
 
手形アートのつくり方シリーズ。
 
今回は足形。
 
定番のひよこさん。
 
こちらは過去の画像がいくつかありましたので、いつもより詳しくお届けします。
 
 
1.
あんよをぺったん。
{E75B5E24-88C3-4078-85C7-DD62B988FB75:01}
 
 
 

2.

すぐに絵の具やインクが乾かない場合は、乾くまで待つ。
{FF011A02-105F-4C7C-BD48-25ADCDBC20F6:01}
 
 
 

3.

ひよこの目と口、手足をペンで書く。
口と手足は赤ペンがオススメです。
{33A2ED52-6B13-4649-927C-80DAAF6FA54D:01}
 
 
 

4.

作品の飾り付け。リボンや帽子などお好みで。

私はマスキングテープを使います。

{F0C90909-6336-449C-A360-18DDE56A8230:01}
 
 
 

5.

完成。

{FE92A5B3-599C-4DF0-88F9-7269ACDB38C9:01}

こちらの作品、実際につくってもらったものです。

姉弟の作品ですが、当時5才の女の子がひよこさんのお顔も書きました。
外国の絵本に出てきそうな雰囲気でとってもかわいいですよね。
作品におこさんの名前や年齢などの文字入れをしてあげるのもオススメ。
赤ちゃんの作品ならママが仕上げてあげると良いですが、幼稚園児さんくらいになったらおこさん自身につくらせてあげるのも良いですよ。
うちのおにいちゃんも作品づくりは大好き。
おとうとくんも字はまだ書けませんが、手形や足形を取るのは大好きです。
インクを見ると「ぺったん!ぺったん!」と興奮します。
家族みんなで手形アート、楽しんでくださいね。
 
(この記事は2016年1月21日のアメブロの記事を移行したものです)