petapeta-art®オリジナルエプロン

赤ちゃんの「今」を残す手形アート
petapeta-art®︎やまざき さちえです。
 
 
 
petapeta-art®︎オリジナルエプロンを紹介いたします!!
 
{B640B990-49AF-4E6B-920E-2EBF6052A15F}
 
これまでに何度も
リクエストをいただいていたエプロン。
 
 
 
完成までには長い道のりがありまして。
 
いくつか縫製工場を紹介してもらったり
県外のメーカーさんから
サンプルを取り寄せたり、
を繰り返し
最終的にKurisumade Factoryさんへ
お願いすることに決定。
 
 
 
こちらは
国内有名アパレルメーカーの洋服などから
小ロット生産のものまで
さまざまな受注に対応してくださり
なおかつ広島の街中にあるという
ちょっと個性的な縫製工場です。
 
 
 
こちらを営まれている栗栖さんとは
以前から面識があったのですが
別の件で栗栖さんと話している際に
エプロン製作をしてくれるところを
探していることをぽろっと言ったら
じゃあうちでやったら?
と声をかけていただき
こちらで一からオリジナルエプロンを
製作していただくことになりました。
(よく考えたら灯台下暗し的な感じですね 笑)
 
 
 
 
で、まずはデザインや生地を
考えるところからスタート。
 
 
 
デザインは大まかな希望を
栗栖さんにお伝えして
何パターンか起こしてもらい
一番良さそうなものに候補を決定。
 
 
 
次は生地と色。
 
本当は白地にペールトーンのピンクが
petapeta-art®︎の定番配色なんですが
白いエプロンは汚れそうな気がしたのと
他社で既製品のエプロンサンプルを
取り寄せた際にも
白いエプロンには
あまりピンとくるものがなかったので
最初はpetapeta-art®︎のロゴのカラーである
少しくすんだピンクの生地で
製作してもらおうと考えていました。
(この色の方が汚れも目立たないかな、とも思って)
 
 
 
で、試作品もそのペールトーンの
ピンクでお願いしたんです。
 
(何度かその試作品を着て登場したことがあるので
    見たことのある方もいらっしゃるはず)
 
 
 
これが個人的には
そこそこかわいく仕上っていたので
そのままいこうかなと考えていたんです。
 
 
 
が、周囲に意見を聞くと
 
うーん、ピンクはちょっと…
(自分が着るのは抵抗があるかも)
 
との声があがってくるでは
ないですか。
 
 
 
ピンクは気恥ずかしい、という方も
結構いることが発覚したのです。
 
個人的にはピンクも好きなんですが
最初も話したように
今回のエプロンは
petapeta-art®︎アドバイザーからの
要望で製作することになったもの。
 
 
 
私1人が着るわけではありません。
 
petapeta-art®︎アドバイザーは
年齢の幅も広く、服装ひとつ取っても
カジュアル・ナチュラル・きれいめなど
いろんな方がいるので
 
 
1.できるだけ誰にでも似合う形で
2.どんな服にも合わせやすく
3.着心地がよく
4.作業もしやすく
5.手入れも楽で
6.これを着ることで
        ちょっと楽しい気持ちになれる
 
 
そんなものがいいなと思っていたのです。
(結構要望が多い 笑)
 
 
 
 
というわけで
 
気恥ずかしい人がいるのはダメだよね。
 
となり、迷いに迷って
当初考えていた白の生地にすることに。
 
 
 
ただ、白地と言っても
クリーム系のイエローが入った白と
まっさらな白などさまざまで。
 
 
ここでまた迷うことになったんですが
最終的には
ワークショップ開催などで
インクや絵の具がエプロンについた際、
その色をあえて残したまま
エプロンを使用し続けても可愛いし
色がつくのが嫌な場合には
漂白をして色を落としても違和感のない
まっさらな白の生地に決めました。
 
 
 
生地もコットンとソフトリネンで迷い
単価的にはコットンの方が
安かったんですが
ソフトリネンの方が
長期にわたって使用しても風合いがよく
洗濯後も洗いっぱなしでいける
と聞いてこちらにしました。
 
個人的にリネンの方が好きなのもあります 笑
 
 
 
 
 
で、次はロゴをどう入れるか。
 
 
そもそもロゴ入れには
大きく分けてプリントと刺繍があるそうで。
 
プリントだと
petapeta-art®︎おなじみの鳥のマークまで
きちんと入るんですが
なんとなく安価な感じが否めない。
 
一方、刺繍だと質感は良いものの
かなり大きく刺繍しないと
鳥の細かい部分を表現するのは難しい、
とのこと。
 
 
 
ですが、長期的に使うことを考えると
刺繍の方が洗濯などにも強い
とのことで
鳥はなくしてロゴのみを
刺繍してもらうことに決めました。
(本当は刺繍のサイズでも悩んだんですが
    話がさらに長くなるので割愛 笑)
 
{C8764941-AFCB-4DC2-9CF7-2E7929F2A78D}
(すみません、冒頭と同じ写真です 笑)
 
 
刺繍の色も何回か試してみたんですが
ぴったりくるものがなく
栗栖さんと刺繍屋さんへ伺って
petapeta-art®︎のカラーに近い色の糸を
オーダーさせていただきました。
 
 
この写真は試作段階のものなので
実物はもう少しpetapeta-art®︎のロゴ色に
近いカラーとなる予定です。
 
 
 
首元の金具も
途中で色を変更することになり
実物はアンティーク系のゴールド
(雑貨屋さんっぽい雰囲気のくすんだ金色です)
となります。
 
 
首紐を留めることができるのはもちろん
シンプルなエプロンの
ちょっとしたアクセントとなっています。
 
 
 
 
 
ポケットも大きさやら数やら悩んで
使いやすい大きめのポッケを前に2つに。
{DA857560-78B2-4786-8E13-D5C75803E832}
 
 
 
着方は3way。
 
1.首紐を背中から腰に回して
腰にあるボタンで留めての着用。 
(ボタンホールは3つあるので
    紐の長さは3段階に調節可能)
{20DE43DD-192F-477A-BD31-EA4685F4AB58}
 
 
 
2.胸当ての左上にある(写真だと右上)の
金具に右側の首の紐(写真だと左上)を
通しての着用
 
ちょっとイメージが
わきにくいかもしれませんが
着用後の雰囲気は下の3番にある
着画に近くなります。
(紐を後ろで結ぶか金具で留めるかの違いです)
 
 
3.首の後ろで紐を結んでの着用
{540CD151-3F01-40B4-BF3F-9B5CAF495B0A}      {84A7214E-BC5B-4CB2-B002-3EF7BDE5C974}
 {8182D969-7DB0-4836-806B-E837E2C1B6A3}       {E37DAA67-2E56-4374-95BA-64986A554AB8}
こちらのみ着画があります。
 
これも試作エプロンの段階なので
実際には
ロゴがもっとはっきりした感じです。
 
 
 
お洒落な感じには撮れなかったんですが
エプロンそのものを着用した
雰囲気は伝わりますでしょうか。
 
カフェ店員さん的な感じで
petapeta-art®︎の雰囲気には
合っているのではないでしょうか。
 
そして、写真で分かるように膝下丈で
おしりも隠れます。
 
このおしりが隠れるというのがミソで。
 
 
 
当初は市販のエプロンに
ロゴ入れも考えたんですが
市販のエプロンって膝上丈で
おしりも隠れないものが多いんです。
 
でも、女性っておしりが隠れた方が
嬉しかったりしません?
 
え?私だけ?
 
でも、これくらいの方が
細身の方にもふっくらの方にも
似合いやすいかな
と思ってこちらにしました。
 
ミニスカートや短パンには
合わないかもしれませんが
それ以外でしたら
たいていのスカートにも
パンツにも合わせやすく
服装もテイストもそんなに選ばずに
着れるはず。
 
との考えです。
 
なんで、ものすごく個性的!って
感じのエプロンではなく
一見定番っぽいエプロンです。
 
ですが説明をしてきましたように
実は結構こだわって作成したエプロンです。
 
 
 
 
petapeta-art®︎の講師さんのみ
購入可能です。
 
必須ではないので私服が良い方は
それでも構いません。
 
ただ、みなさんのことを考えながら
製作した一枚なので
着てもらえるととても嬉しいです^ ^
 
エプロンのご注文は専用フォームよりお願いいたします^ ^